美容・コスメ ファッション ダイエット グルメ お得情報

 わくわくネットdeお得生活:トップ ≫ サントリー

【お知らせ】こちらのブログは移転致しました。

当ブログは移転致しました。
新ブログはこちら!⇒あやぴいんふぉ~ネットでお得情報~

年齢肌にアプローチ!F.A.G.E.(エファージュ)使用レポート

 2010-09-21
 酵母のチカラで、年齢肌に勝つ! 

サントリーウエルネスオンライン

サントリーウエルネスオンラインのコスメ、F.A.G.E.トライアルキットをお試ししてみました。

F.A.G.E.(エファージュ)とは、サントリーが独自に研究してきた酵母を全てのアイテムに取り入れたアンチエイジングスキンケア商品。

F.A.G.E.(エファージュ)1

様々な酵母エキスの中から、2種類の組み合わせを特別抽出。肌深くまでリペアする「フィルリペア酵母エキス」と、年齢肌に輝きを与える「レイズリペア酵母エキス」。全てのアイテムに配合されたこの2つの酵母エキス「肌深ダブルリペア酵母エキス」がスキンケアすべてのステップで働き、年齢肌に顕著な「枯渇」「弛緩」「変色」に対応してくれます。

酵母のチカラ?なんだかすごそうな感じです。

年齢肌にアプローチ!F.A.G.E.(エファージュ)使用レポート の続きを読む

スポンサーサイト



響12年を伯父に贈りました

 2009-11-24
 『心に響く贈り物 「響12年」を贈ろう コンテスト』優秀賞を受賞致しました 

先日、LinkShareで行われていた『心に響く贈り物 「響12年」を贈ろう コンテスト』に応募し、優秀賞をいただくことができました!

間もなく、商品として響12年2本と、バカラグラスが1個贈られてきました。

響12年1

バカラグラス2


 響12年も立派な箱入りでした 

そして、こちらは商品でいただいた響12年700mlボトル。
こちらも高級感あふれる化粧箱入りです。

響12年2

響12年5

響12年3

ミニボトルと並べてみました。こんなに大きい!!!

響12年4

いやはや、本当にたいそうなものをいただいてしまいました。ありがとうございます。
響12年2本は、本当は1本は我が家用、もう1本は贈りたい方へのプレゼントだったのですが、我が家は旦那もお酒飲まないし、私もそんなにたくさん飲める方じゃないので、ミニボトルで十分(^-^;)ってことで、2本とも伯父に贈らせていただきました。

ウイスキー専門家の伯父に、響12年を送るよと連絡をしたところ、まだ飲んだことがなかったそうで、
「飲んでみたかったんだ!」とたいそう喜んでくれました。

レビューコンテストで受賞したということは、79歳の伯父に説明しても良くわかってもらえないと思ったので(^-^;)、「インターネットでサントリーさんの作文に応募して、受賞した。」と言っておきました。

すると、電話口で伯父は「そう!インターネットで!おめでとう!!!」と何やらとても喜んでくれた様子(^-^)。

翌日、届いたという報告の電話では、「結構なものをありがとう」と言ってくれました。

お酒に弱い我が家で眠らせるよりも、2本ともウイスキー好きの伯父の元へいってくれた響12年はとっても幸せ者だと思いました♪

これで、伯父孝行ができたかな(笑)?

響12年10


【関連記事】
響12年はウイスキー好きの伯父に贈りたい
響12年をバカラのグラスで味わう贅沢



デザイン違いですが、バカラのタンブラーもありました♪

響12年をバカラのグラスで味わう贅沢

 2009-11-23
 響12年をお味見させていただきました 

ウイスキーなんて、学生時代以来家飲みすることなんてなかった私ですが、この度サントリー新商品、響12年テイスティングモニターにお選びいただき、我が家にかわいらしいミニボトルが送られてきましたので、お味見させていただくこととなりました。

50mlのミニボトルと一緒に送られてきたのは、ペリエのミニボトル。
ペリエ割りをしてみて下さいということらしいです♪

響12年ミニボトル1

折角ですから、先日『心に響く贈り物 「響12年」を贈ろう コンテスト』優秀賞の商品としていただいたバカラのグラスで味わってみることにしました。

響12年をバカラのグラスで味わう贅沢 の続きを読む

響12年はウイスキー好きの伯父に贈りたい

 2009-11-02
 20年振りに伯父に会いに行きました 

IMG_1356_s.jpg

伯父と会ったのはおそらく高校生のとき以来なので、もう20年近く会っていなかったことになるかと思います。

なぜ会う機会が無かったのかというと、伯父は故郷の旭川を若いうちに離れ、埼玉に住んでいて、忙しく仕事をしていた方なので、札幌に住んでいた私たちにはなかなか遠い存在だったのです。

記憶にある限り、以前会ったのは祖母の何回忌かで旭川に母方兄弟が集まった際に、旅行がてら私も連れて行ってもらったのが最後だったと思います。

そんな伯父ももう79歳になり、伯母も亡くなったので、長年現役で続けてきた仕事も昨年引退し、埼玉のマンションを引き払って都内の介護付き老人ホームに入居したのです。

介護付きといっても伯父は健康そのもので介護の必要が無く、その老人ホームでは一番元気だということです。

結婚して私も10年前に埼玉県に越してきましたが、同じ県内に住んでいながら、わざわざ伯父に会いに行くということもこれまでありませんでした。

ところが、老人ホームへ入居した伯父のことを心配した札幌の私の母が様子を見て来て欲しいというので、私も東京へ出る用事があったときに、寄ってみることにしたのです。

 私のカクテル好きは伯父の影響 

私はお酒といえば、カクテルが好きなのですが、実はカクテル好きになったのは伯父の影響があったからなのです。

伯父は、洋酒の、中でもウイスキーやカクテルの専門家でした。
カクテルやウイスキーの本をたくさん出しています。

その昔はバー経営、全日本バーテンダー協会理事兼編集局長を経て、サントリーフードビジネススクールの校長もやっていました。

サントリーさんとは縁が深かったようです。

校長職を退いてからは主に執筆活動をしていたようですが、その執筆活動も、昨年で一切の仕事を終了し、老人ホームへ入ったのです。

私は大学生の頃、そんな伯父の著書である、若者向けに漫画でわかりやすくかかれたカクテル本を読んで、カクテルを飲むようになりました。

そして、現在までカクテル好きは続いています。

 綺麗な書斎にはウイスキーが並んでいた 

そして今年の3月、伯父の新居に一人で訪ねて行きました。

できたばかりで新しい伯父の新居の部屋は、こじんまりとしていて物が少なく、綺麗にしてありました。
豪華な施設で、隣には大きな図書館もあり、日中伯父はそこで過ごすことも多いようです。

ここなら、伯父も楽しく過ごしていけるだろうと思いました。

IMG_1358_s.jpg

備え付けの書斎スペースの本棚には、本が並ぶ他にウイスキーの瓶が並んでいたのが伯父らしいなと思いました。

 そんな伯父に響12年を贈りたい 

このたびサントリーさんから9/15発売された響12年を、大きなイベントで目にする機会があり、モニターとしてミニボトルもいただきました。

というウイスキーは17年、21年、30年があり、ブランドのメインとなる響17年は発売されてからもう20年になるそうです。

今回発売された響12年は日本人の美意識・感性・技を響きあわせることで生まれたブレンデッドウイスキーというコンセプトらしいのですが、日本人向けとうたいつつもヨーロッパで先行発売されていたというのは面白いなぁと思いました。

伯父はもちろんというウイスキーは知っているでしょうが、響12年は知っているだろうか?もう飲まれただろうか?という考えが、「響12年」の発売の話題を知ったときにふと頭をよぎりました。

響12年

私が響12年を伯父にプレゼントしたら、喜んでくれるでしょうか・・・?
きっと、とっても驚いて、喜んでくれると思います。

お問い合わせ
あやぴ宛のご連絡・お問い合わせ(レビュー依頼、講師依頼、取材申込等)はこちらからメールにてお願い致します。

プロフィール

あやぴ宛のご連絡はメールにてお願い致します。

各種受賞歴

LinkShare Award 2009 「結」賞いただきました!


日本アフィリエイト協議会
正会員

ブログランキング
ランキングに参加しています。

QRコード
QR

月別アーカイブ